手術その後





上の画像は10/21 術後、11日目。
抜糸して翌日です。

下の画像は12/11 術後、2か月です。
まだ腫れています。

12/8、整形外科の定期検診に行ってきました。
その際、手の痛みが取れないし、腫れ治らないで、
相談しました。
主治医は「まだ痛む?杖突くから人より遅いかな。後、半年くらい痛みが残るよ。
傷口の硬いのもそれくらいでなくなるよ。」とのこと。
手術前に言ってもらえば・・・・と思ってしまいました。
傷口から右側は表面がヒリヒリして傷みます。
水、机等冷たいところに手を置くと、痛みがあります。
熱があって、腫れているので湿布したいのですが、
逆に痛くてできません。
硬い傷口に物が当たると・・・
オ~~~~(。>(ェ)<。)エエェェェ(*゚ロ゚)(*゚ロ゚)(*゚ロ゚)
痛くて言葉が出ません。゚(゚´Д`゚)゚。
は~~~~痛みが出ない人も居るのになんで私は痛いの~~~
スポンサーサイト

術後一ヵ月経過

 昨日で術後一ヵ月が経過しました。
結論から言うとしびれはなくなったけど、痛みは以前以上にあります。
画像は術後6日目の状態です。

10月10日、午後1時半、病院へ行きました。
午後2時過ぎ、手術室へ移動。
下着を身に着けた状態で術着に着替え。
手術台に横たわり、左右の手を拘束されました。
右手は点滴。
左手は手の付け根付近を縛られて局所麻酔。
縛られるとどんどん正座したような感覚が・・
マヒというかなんというか。。
先生から「麻酔するからちょっと痛いよ。」と言われました。
歯医者でも麻酔の方が痛いですものね。
「は~い。」と返事をするとブスッと衝撃が(*_*;
痛いなんてもんじゃなかったです。
思わず「いった~~~~(>_<)」
じわじわと感覚が鈍くなってきたな~~~と思ったら、直ぐに切開でした。
ものすご~~~く感覚がわかるんです。
す~っとメスが入ったことが。。。
でも痛みがないんですよ。
不思議な感覚でした。

手根管症候群の手術とは・・
手掌の付け根に、骨と靭帯に囲まれた手根管という部分があります。
このトンネルのような部分を9本の腱と1本の神経(正中神経)が走っています。
手根管を被う靭帯を切開して、手根管自体の容積を増大させて正中神経への圧迫を取り除くことです(手根管の開放)。

切った後、器具で傷口を開き、はさみで靭帯を切り始めました。
「痛い?」と聞かれ「今のところ大丈夫です。」「はいはい。」と会話。
本当に手術中?と思うぐらいのほほ~~んとしていました。
でも、ブチッブチッとはさみで切っている音が続いていました。
「う~ん。硬いな~~。なんでこんな硬いかな~~。」と先生は独り言。
ブチッブチッ「痛!」「え痛い?」と聞かれ「ちょびっと痛いです」と返事をすると
「もうすぐ終わるから。」と言いながらブチッと音がし続けています。
手首に近づくとどんどん痛みが強くなってきました。
麻酔が効いていないようです。
我慢していると「う~ん。こんなもんでいいかな~」だって。
私の靭帯はかなり進行していて硬くなっていました。
今度は引っ張られている感覚が。
う?と思っていると看護師が「縫っていますよ。もう終わりますよ。」と教えてくれました。
あ、暖かい。
と思っていると「手を洗っていますよ」と教えてくれました。
拭いた後、手の付け根の拘束がとられました。
とられた瞬間じわ~~~~~~~~~~と血液の流れが始まりました。
まさに正座の後です。
しだいに腕全体にしびれが~~~~~~
ちょっとでも触れるとはにゃ~~~~>゜))))彡
手に包帯が巻かれ、起き上がると「しばらく大人しくしててね。痛いよ。」と主治医に言われました。
私の主治医は口数の非常に少ない人です。
自分がどんな手術をするのか、手術の内容はネットで知りました。
何にも言わない人なので。
良いのか。。。と心配になる人です。
ま、無事手術は終わりました。
翌日、診察に来るように言われました。
1万3千円支払って帰宅。
息子は心配して学校をお休みして、母と一緒に待っていました。
一緒に帰宅してのほほ~~んと過ごしました。
杖をつけないので、息子に立ったり座ったりする際、手伝ってもらいました。
まだ7歳の息子はまだまだ力が及ばないのですが、
本人なりにお手伝いをしているつもりのようです。
手に麻酔が効いている内に・・・
商品の発送の梱包を手伝ってもらいました。
意外と痛みがなく過ぎました。
翌朝、ボルタレンが切れて痛みが。。。
やっぱり手術したら痛いよね~~
ボルタレンを服用するとまた痛みがなくなりました。
朝から病院へ行き、消毒診察。
19日、順調に行けば抜糸するとのことでした。







手術をすることに

 妊娠中からしびれが始まった両手。
半年前からしびれがひどくなってどうしたものか・・と悩み、
再検査をしました。
ちょっと悪化していました。
左手の方が悪い状態でした。
でも、痛みがないので、生活に支障はなく・・・
イライラするくらいでした。
最近、しびれがなくなりました。
痛みもありません。
でも、ものを落とすようになりました。
持っているつもりなのですが、もっていない。。。
昨日、整形外科の定期検診だったので、
主治医に伝えたところ。。。
「手術しょうか。来週。」
え、来週???
早くね(゜゜)~
「手先を使う仕事をしているので、そんな急には無理です。」
と伝えたところ、10月10日に決定。
すぐに術前検査が始まりました。
断ることができず、検査は進み。
検査が終わってまた診察。
肝臓の値が上がっているとのことでした。
脂肪肝でしょうか。。。
肥満ということでしょうか。。。
痩せなきゃ。。。(>_<)~~~
ま、値が上がっている原因は調べなかったので、
デブが原因ということで終わりにしたのですが。。。
夫に伝えたところ、私は卵を食べても肝臓の値があがるからな~~~と言われました。
そうなんです。
私、妊娠中、アレルギーの卵を誤って食べて
吐いて吐いて大変だったんです。
3時間以上吐いていたので、救急で病院に行きました。
肝臓の値が上がってたので、アレルギー反応だろうとのことで、
そのまま点滴入院でした。
そんな過去があるので、なんか食べたかな~~ということに。。
でも、デブなので、痩せなきゃ。

 そうそう、骨盤の歪みが大きくなりました。
左右で高さが2cm違ったんです。
腰痛がひどくなってきて、肩こりもひどくなりました。
で、エクスレープが骨盤矯正に良いと聞き、
木曜日から使用しています。
身に着けて思ったのは、丈が短い!
短いので、脂肪一杯のでっぷりお腹が納まらず、、、
丈がおへその下なので、座るとクルクルクル@@@@@
いや~~~~
どうしよう(>_<)~~
ちょ~~恥ずかしい~~~(>_<)~~~
え~~~ん(;_:)
でも、長く穿けば穿くほど良いとのことで、
無理して穿いていました。
しばらくすると左の腰からお尻がじんわりじんじんじみ~~~な痛みが始まりました。
う~~んどうしよう。。。
でも、我慢できない痛みじゃないしな~~ということで、
そのまま仕事をしていました。
仕事をしていると8時間とか平気で座っています。
3時に息子が帰宅したので、身に着けていることを伝えました。
で、腰の位置を確認したのですが。。。。
あれ?左右対称になってない??
あれ???
息子と顔を見合わせてえ~~~~~~~~~~~
早すぎない!!
夕食のとき、いつもは5分程立っていると左の腰が痛くて痛くて立っていられなくなり、
キッチンに置いている椅子に座ってしまうのですが、、、
痛くな~~~い(*^_^*)
食事を作った後も痛くな~~~い(*^_^*)
お、これは良いかも(*^_^*)
夫に伝えるとへ~~だって。
今も穿いています。
実はまた変化が。
寝ている最中も身に着けていたのですが。。。
あんなにお腹がでっぷりぷりぷりしていたのですが、
少しなくなりました。
おへその下でクルクルクル@@@@となっていたのですが、
クルクルが下まで行かず、途中で止まっています。
お~~、骨盤の歪みが改善されて脂肪の位置が変わったのかな。。
ちょっと楽しみ(*^_^*)

久々のブログ

 2月27日。
約1年振りに手根管症候群の診察。
前回とあまり変わっていないのでもうしばらくこのまま維持するこに。
息子を抱っこしている間は手術ができないと言われました。
術後は約2週間固定するそうです。
私は杖をついているので、その間、安静にしなければならないので、
生活環境が整わないと手術ができないそうです。
また、私はキシロカイン、リドカインともにアレルギーなので、
局所麻酔で手術ができないと言われました。
最悪、全身麻酔で手術をするとのことでした。
手術をする際は前日に入院してその後は経過観察で1.2日入院になるそうです。
通常は局所麻酔でその日に帰宅だそうです。
なんだか面倒なことになりそう。。。

またお皿割っちゃった。。

 今日、またお皿割っちゃった
手の痺れがひどくなってから何枚目かな。。
既に7枚目かな。。
8枚目だったかな。。。
途中から数えるのがイヤになっちゃって。。
子どもを左手で抱っこして、右手でミルクを作るのだけど、
だんだん痺れのせいで、力が入ってるのかわからなくなる。
子どもを落としそうで怖い
杖を突いて歩いてる最中、手がすべるし。。
本当に怖い
プロフィール

のぞみのくましゃん

Author:のぞみのくましゃん
左足変形性股関節症 右足大腿骨骨頭壊死 不整脈 と奮闘中! 足が不自由でも子どもを育てることが出来るよ♪
色々な情報交換が出来ると良いな~と思ってます。
よろしくね♬

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR