久々のブログ

 2月27日。
約1年振りに手根管症候群の診察。
前回とあまり変わっていないのでもうしばらくこのまま維持するこに。
息子を抱っこしている間は手術ができないと言われました。
術後は約2週間固定するそうです。
私は杖をついているので、その間、安静にしなければならないので、
生活環境が整わないと手術ができないそうです。
また、私はキシロカイン、リドカインともにアレルギーなので、
局所麻酔で手術ができないと言われました。
最悪、全身麻酔で手術をするとのことでした。
手術をする際は前日に入院してその後は経過観察で1.2日入院になるそうです。
通常は局所麻酔でその日に帰宅だそうです。
なんだか面倒なことになりそう。。。
スポンサーサイト

またお皿割っちゃった。。

 今日、またお皿割っちゃった
手の痺れがひどくなってから何枚目かな。。
既に7枚目かな。。
8枚目だったかな。。。
途中から数えるのがイヤになっちゃって。。
子どもを左手で抱っこして、右手でミルクを作るのだけど、
だんだん痺れのせいで、力が入ってるのかわからなくなる。
子どもを落としそうで怖い
杖を突いて歩いてる最中、手がすべるし。。
本当に怖い

新たね病気かも。。

 4月2日、花粉症がひどかったので、夫に子どもを見て貰って、
病院に行きました。
私が行く病院は市立病院です。
いつも混んでいるのにガランとしていたので、
ずっと気になっていた手のしびれも診察してもらうことにしました。

 花粉症は平成9年に急に発症してそれからずっと薬を服用していたのですが、
平成18年、19年に1月に筋肉注射をする方法を選択して
薬の服用をしない方法を選択しました。
20、21年は症状が軽かったので何もしませんでした。
22年は妊娠していたので、家からほとんど出ていなかったので、
わかりませんでした。
今年は症状がきつかったので、また薬の服用を開始しました。
妊娠して体質が変わるといいますが、悪くなったということかな??

 手のしびれは妊娠中期、2月頃から始まりました。
急に太ったせいだろうと言われ、様子を見ることになりました。
今年の3月17日、整形に受診した際、先生に手の痺れのことを確認しました。
未だに体重オーバーしているせいだろうと言われてしまいました。
ちなみにこの先生は股関節専門の先生で、別の市立病院の先生なんです。
でも、今回は近所の私立病院へ。。
放置していたのですが、気になって整形外科に受診しました。
先生から”手根管症候群”でしょうね。と言われました。
妊娠中、産後になる女性が多いそうです。
4月15日に神経伝達テストの予約を取って、薬を処方されました。
ビタミン12でした。
こんなので治るのかな?と思っていたのですが、
案の定治りません。。
未だにしびれは健在!!
25日に診察の予定が入っているので、診察に行くのですが、
状態によっては手術を考えていると言われたので、怖くなってます
ネットで色々調べると
「手根管症候群の手術の最大の目的は手根管を被うじん帯を切開して、手根管自体の容積を増大させて正中神経への圧迫を取り除くことです(手根管の開放)。これには、内視鏡によるものと、切開するものに分かれます。さらに、単に手根管を開放するだけでなく、神経の剥離を行う方法があります。」
だって。。
術後の写真を見て、え~~~~
出来るだけ早い治療が良いとのこと。。。
足の次はこれかい!て感じです。
プロフィール

のぞみのくましゃん

Author:のぞみのくましゃん
左足変形性股関節症 右足大腿骨骨頭壊死 不整脈 と奮闘中! 足が不自由でも子どもを育てることが出来るよ♪
色々な情報交換が出来ると良いな~と思ってます。
よろしくね♬

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR