とうとう出産!

 とうとう28日、入院です。
午後2時、産婦人科へ。
私の心電図と子どもの心電図の検査をしながら入院の説明を聞いていました。
私の心電図は相変わらず不整脈で異常を知らせるアラームがしょっちゅうなっていました。
子どもの心電図もアラームが。。
なぜ??
ちょっと心配なので、しばらくこのまま心電図をつけていましょうと言われ、
1時間近くつけていました。
その後異常はなくなり、入院する病室へ移動しました。
私は両手に杖を付いているので障害者用のトイレの近くに病室を用意してもらいました。
私の担当の看護師さんはとても親身になってくださって助かりました。
 私はアレルギーが多いので、わかる範囲のアレルギーを伝えました。
入院中に使用するテープを調べるとのことで、6種類小さく切って腕の内側に張って
様子を見ていました。
4種類かゆくなった為、そのかゆくなったテープは使用できないことになりました。
アルコールがアレルギーなので、ノンアルコールの消毒になりました。
また、局所麻酔の1種類がアレルギーだったので、色々と問題がありました。
尿路カテーテルを挿入するときに使用できないのです。

 その後、麻酔科の担当になる先生が来られ、麻酔の説明をしてくれました。
私の場合、足と心臓の心配があるので、全身麻酔に決まりました。
手術中に不整脈がひどくなっても薬で止めるそうです。
また、気管挿管し人工呼吸するので、チューブを抜去した後、のどが痛くなると説明されました。
お腹を切ってるのに大丈夫かな??と心配になりました。

 6時になり夕食が配られたのですが、私のお腹は更に痛くなったので、
念のため食事を摂らず看護師の元へ。。。
当直の医師が診察とのこと。。
大丈夫だろうか。。
足が開かないことを伝えたのですが、強引に広げられ、
初めての内診をされました。
痛くて痛くて。。。
足は痛いは、無理に内診されてお腹は痛いは。。
主治医が当直医に呼び出されたのか、病室に来たときくだした判断は、
「31日までお腹がもたないと思うので、緊急帝王切開しましょう。」でした。。。
私はそのとき無理に内診されたせいで痛くて泣いていたのですが、
今度はえ、さっき入院したばっかりやん。
もう、切るの?と驚きで泣いてました。。
6時半過ぎて夫が病室に来ました。
病室は手術の用意で大賑わい!
私は泣いてるしで、「何があったん。」が最初の言葉でした。
簡単に看護師が説明してくれて、手術と聞き、慌てて母親に連絡をしてました。
母親は入院の際、連れてきてくれたのですが、3時過ぎに帰ったので
また来ることになりました。
準備が少しずつ終わり、7時に手術になりました。
結局私は麻酔をされるときまでずっと泣いてました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

のぞみのくましゃん

Author:のぞみのくましゃん
左足変形性股関節症 右足大腿骨骨頭壊死 不整脈 と奮闘中! 足が不自由でも子どもを育てることが出来るよ♪
色々な情報交換が出来ると良いな~と思ってます。
よろしくね♬

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR