お葬式が終わった

 昨日、大雨の中、お葬式が終わりました。
疲れた~~~
基本、雨の中、両手に杖をついている人は出歩きません。
が、冠婚葬祭の場所から焼却炉に行き、
冠婚葬祭の場所へ帰り、
焼けたころ、また焼却炉に行き、
今度は初七日をするとのことで、
また、冠婚葬祭の場所へ帰るという。。
大雨の中、2往復しました。
私は足が全く上がらなくなっているので、
自分の車で後をついて行くことになりました。
運転は雨で視界が悪いので、
夫が運転しました。
息子は祖父母たちと一緒にバスで。
疲れました(@_@;)

 お葬式のお坊さんの祈祷の最中、
今日は息子は我慢ができないようでした。
まだ大人しいので、好きにさせていました。
息子は
「叔母さんいつ焼くの?」と
また聞きました。
「この後、移動してからよ。」と言うと
「いつ終わるの?」。
落ち着かないようです。
やっと祈祷が終わって、焼却炉へ移動。
守皇は祖父母たちと一緒に。
焼却炉で炉の中に入っている棺を見ていました。
「今から焼くの?」と確認していました。
バスで冠婚葬祭の場所へ帰ると食事でした。
結構な量が出て、お腹一杯になってしまいました。
息子はお子様ランチが出ました。
食べられる?という位たくさん出ました。
案の定、一杯残してしまいました。
食事を早々に終えて
妖怪ウォッチのゲームをしながら、
私の妹と話をしていました。
人懐っこい息子は直ぐに懐いて一杯しゃべっていました。
食後、焼却炉へ。
焼却炉から出てきた遺体というか骨を見た息子は、
驚いたようです。
叔母の綺麗な大腿骨骨頭を息子に見せて、
「ママはこの丸いところが潰れてしまう病気なの。」
既に三分の一なくなっている私の骨頭。
「丸くないから歩く時痛いんだよ。」と教えると
息子は「早く医者になってママの体治さなあかんな。」と
言ってくれました。
感謝の気持ちで一杯になりました。
医者になれなくても良い。
母親を大切に思う気持ちを大切にして欲しいと思いました。
遺骨を拾うように言われましたが、
息子にとっては、真ん前に骨がある高さ。
熱いし、肉を焼いた独特の臭いに
気持ち悪くなったようなので、
一旦外に出しました。
私も何回か経験していますが、
この人の肉の焼ける臭いは慣れないですね。

冠婚葬祭の場所へ戻り。
初七日。
息子はさすがに飽きたようで、
「また長いのやるの~~~(>_<)」と声を出して
言ってしまい、叔母のご主人の家族の方に
笑われてしまいました。
子供は息子だけだったので、
少々のことは許してもらえるようです。

1時から始まったお葬式。
終わった時は5時半を回っていました。
疲れました(>_<)
帰宅後、すぐにお客様のお品の発送の用意。
9時から祖父母と一緒に食事をするということで、
急いで発送のう用意をし、
食事に行きました。
帰宅したら11時過ぎ。。
息子もさすがに疲れてしまいました。
寝たのは12時を回ってしまいました。

今日も保育所お休みです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

のぞみのくましゃん

Author:のぞみのくましゃん
左足変形性股関節症 右足大腿骨骨頭壊死 不整脈 と奮闘中! 足が不自由でも子どもを育てることが出来るよ♪
色々な情報交換が出来ると良いな~と思ってます。
よろしくね♬

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR