最近の悩み 教育委員会の対応

 今、教育委員会、小学校、障害福祉課と話し合いをしています。
私は日常、両手に杖を突いて生活しています。
足はほとんどあがりません。
四六時中、大なり小なりの痛みがあります。
ボルタレンを朝、夕、服用しつづけて約10年経過しました。
ボルタレンは劇薬です。
医師の管理のもと、胃薬を一緒に服用しています。
両足機能障害で、障害等級3級です。

昨年11月30日、息子の小学校に制服合わせ、健康診断に行きました。
その際、たった6段ほどの階段を上がったり下りたりするのが大変でした。
学校は建て増しをしている為、凹凸があり、とても歩きにくい状況でした。
教頭先生がずっと付き添ってくださり、
バリアフリーにできるよう、教育委員会に伝えると言ってくださいました。
実際、バリアフリーの件は以前から教育委員会に言っているが
何の連絡もないそうです。
なので、再度、連絡をするとのことでした。

2月14日、小学校に説明会に行きました。
校長先生、教頭先生、他の先生方と息子の教室が2階になることで、
階段が上がれるか・・・という話になり、
実際、その階段を見ながら話をしました。
合計40段以上。
私には無理でした。
校長先生は、「教育委員会に椅子の昇降機等つけられないか相談してみます。
バリアフリーの件は以前から伝えていますが、回答がない状況です。
教育委員会はなかなか動かないので、
お母さんからも教育員会に直接言って欲しい。」と言われました。
15日、障害福祉課を通して、教育委員会に連絡をしてもらいました。
教育委員会の担当者から17日連絡がありました。
教育委員会 「会って話がしたいので、会えませんか?」
私 「会う必要がなぜあるのでしょうか?状況は障害福祉課、校長先生からお聞きですよね。」
教育委員会 「詳細を知り、どうしたら良いか考えたいので。」
私 「電話でも話はできますよね。何が知りたいんですか?
   本当に障害者かどうか見て納得したいということですか?
   それなら私の○○病院の○○先生にレントゲン見せてもらって、
   私の体の状態を確認してもらって良いですよ。
   障害福祉課がなぜ、私に障害等級3級を出したのか聞いてください。
   両手に杖を突いて歩き、階段を上がれない状態です。
   会う意味は何ですか?会って何が変わるんですか?」
教育委員会 「詳細を知りたい、状況確認をしたいので、会って話がしたいです。
         こちらに来てもらうのは大変だと思うので、ご自宅にお伺いします。」
私 「家に来る意味がわかりません。会って話が進むんですか?会って何か変わるんですか?」
教育委員会 「変わることはありません。どうしたら良いのか会って話がしたいのです。」
とこの会話を5.6回。
馬鹿で中身のない会話ですよね。
いい加減、うんざりして、「あなたの言う状況では会う気がありません。」と
電話を切りました。
数分後、校長先生から電話がありました。
校長 「教育委員会から電話があり、話ができない状況なので、対処できないと言われました。
     教育委員会は何もしないと学校に言われた。と聞きましたが、どういうことでしょうか?
     私は、教育委員会の担当者に14日に直接話をしましたが。」
私 「何ですか?それ?校長先生に聞いた通り、バリアフリーの話をしているが、
    何の対策もないと聞いたことは言いましたよ。
    また、会って話がしたいから自宅に来たいと何回も言われましたが。。。」
校長 「会いたいですか?会って何かあるんでしょうか?」
私 「私が本当に杖を突いているのか、障害者なのか、目で見て確認をしたいようなことを言っていました。
   学校からは一昨日(15日)に初めて話を聞き、まだ3日しかたっていないので、まだ対処のしようがないと言っていました。」
校長 「そんなばかな。前からバリアフリーの話はしています。お母さんの状況を14日に担当者に直接伝えました。
     一昨日な訳ないです。」
私 「教育委員会の担当者は誰かに責任を押し付けたいようですね。
   電話で話をしていても、らちがあきませんし、学校のせいにもしていましたので、
   校長先生、第三者を交えて、学校で話せませんか?
   こういう人間は、中途半端に放置し、結局何もしないですよ。
   私が息子の授業参観に行けるように、学校の凹凸を何とかしてもらえるように
   学校で実際にどこが私は行けないのか、何ができないのか、話をし、
   その上で、どのような対応ができるのかきちんと話を決めたいです。」
校長  「わかりました。私にできることはきちんとさせていただきます。以前から教育委員会には
     伝えていたのですが、きちんと話が伝わっていなかったのは、私の責任です。
     不愉快なお気持ちにさせてしまいまして、申し訳ございません。」
と話し合いをして、
息子の通う小学校で、教育委員会、校長、私、私の母で話し合うことになりました。
今だに教育委員会がなぜ私に一々会わなければ話が進まないのか理解に苦しみます。
学校で実際にどの場所が私には歩けないのか、確認を取りながら話をし、
対応を考えるということなら、今すぐにでも会いたいですが。。
ただ会うだけで何ができるのか。。
私は介護保険も所持しています。
なぜ介護保険がでるのか、この人は何も理解できていないようです。
子供が障害がある場合は、直ぐにエレベーターを作るのに、
親が障害の場合は、対応に時間が掛かるという。
小学校の凹凸に関しては、以前から学校側は教育委員会に対処して欲しいと言っていたそうです。
教育委員会の怠慢ではないのでしょうか?
生徒数が少ない学校は後回しのようです。
息子が通う学校は1学年1クラス。
今年も1クラスになるかもしれないそうです。
私はPTAにも入り、息子が学校で勉強を楽しめるようにしたいと思っていますが、
現状では難しいようです。。
どうなるでしょうか・・・・
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

のぞみのくましゃん

Author:のぞみのくましゃん
左足変形性股関節症 右足大腿骨骨頭壊死 不整脈 と奮闘中! 足が不自由でも子どもを育てることが出来るよ♪
色々な情報交換が出来ると良いな~と思ってます。
よろしくね♬

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR