その後のシナモン

 現在、シナモンは介護の甲斐があってか頑張って生きてくれています。
全く動けず、寝たきりです。
うんちをする際、足をわずかに動かす程度になりました。が、
それもこの2日はしなくなりました。
右の前足、後ろ足が固まってきました。
おむつを替える際、足を動かして運動をするようにしていたのですが。。
以前は数十分おきにニャ~と呼んでいましたが、
昨日から声が小さくなり、呼べなくなってきました。
うつろうつろとすることが増えてきました。
毎日泣きながら介護をしています。
息子に「ママ泣いたらあかんで」と言われ、
心配させてしまっています。
子供を諦めた時、夫と話し合って、猫を増やそうということになりました。
その際、縁があり、一緒になったシナモンです。
その頃、ウインターという16歳の子が免疫機能が崩れて、
自分で自分を攻撃する病気になり、
10年近く治療中だったのですが、
ほとんど寝ていたました。
子猫のシナモンが家族になり、楽しく過ごしたのですが、
4か月後にウインターは亡くなりました。
寂しさを埋めてくれた子です。
その後、3匹家族になりました。
私にとってはお腹を傷めずに授かった子供です。
フーガ、くるみ、つぼみです。
たまたま7年前に子供を授かることができましたが、
気持ちは変わりません。

 今日はシナモンと仲の良かったタンちゃんの命日です。
迎えに来てくれるかな・・・
出来ればまだまだ寝たきりでも一緒に居たいです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

のぞみのくましゃん

Author:のぞみのくましゃん
左足変形性股関節症 右足大腿骨骨頭壊死 不整脈 と奮闘中! 足が不自由でも子どもを育てることが出来るよ♪
色々な情報交換が出来ると良いな~と思ってます。
よろしくね♬

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR