子どもが入院しちゃた。。

 4月4日、午前0時半、子どもがぐずったので、いつものことかな~と思い、
あやそうと体に触れるとなんだか熱い!!
もしかしてと思い、熱を測ると38.5度!!
午後8時過ぎに寝た時は何も異常がなかったのに。。
すぐにミルク200cc飲ませて様子を見ることに。。
2時半39度。
再度ミルクを飲ませるが、50ccしか飲まない。
4時半38.7度。
再度ミルクを飲ませるが、30ccしか飲まない。
この調子だと熱が下がらないかも。。。
不安は的中!
午前7時39度。
午前8時半過ぎ、病院に電話をして指示を仰ぐ。
すぐに連れてくるように言われたので、急いで母に連絡をして
連れて行ってもらうことに。
私1人で連れて行けると良かったのだけど、私が連れて行くときはベビーカーに
乗せないと連れて行けない。
この日、子どもは離れることを嫌がったので、母に応援を要請しました。
仕事中だった母は1時間半後に仕事を抜けて来てくれました。
午前11時病院へ。
39度熱があることを伝えたのに、診察できたのは1時間後。
脱水の可能性があるとのことで点滴をすることに。
その際、血液検査とインフルエンザ検査をすることに。
発熱しか症状がなかったので、判断が難しいとのことでした。
結果は、RSウイルス。
肝臓の値が高いとのこと。
私は体調が悪くなると肝臓の値が上がるので、そのことを伝えたところ、
遺伝の可能性もあるので、様子を見ることになりました。
ところで、RSウイルスって何_?
確認すると

「小さい子どもほど重くなりやすいウイルスによる呼吸器の感染症で、肺炎の原因となります。かぜのような軽い症状も含めて多くの子どもがかかります。乳幼児では細気管支炎、肺炎など重症化しやすく、また乳幼児突然死症候群(SIDS)の原因の一つとも考えられており、注意が必要な感染症です。

感染力が非常に高く、一方では免疫の出来方が弱いためくり返し感染します。ただし回数がふえるほど軽くなり、2歳以上では「鼻かぜ」程度ですむことがほとんどです。

「インフルエンザ」や他のウイルス感染症と区別する為に、鼻の粘液を採取し、短時間で判定を得ることが出来る検査もあります(健康保険での制約があり、赤ちゃんの入院のみ適応)。」

とのこと。。
発熱しか症状がないけど、入院をして経過観察をしたほうが良いと言われ、
入院することに。
入院する頃には熱は39.4度に。
酸素飽和度が正常ではなかった為、測定するコードと点滴に子どもは繋がれて
グッタリしてました。
熱を下げるのかと思っていたのですが、薬を使用して熱を下げると
薬が切れて熱が再度上がるときに体力を消耗してしまい、
乳児には良くないとのことで、氷を背中と脇に入れるだけでした。
小児科は母親が24時間付きっきりとのこと。
シングルサイズの小さなベッドで子どもと一緒に寝ることに。
このベッドが硬くて硬くて。。。
股関節が痛くて痛くて。。
2日目には私が熱を出してました。
幸い、子どもは翌日には熱が下がり、ほっとしました。
まだ油断はできないとのことで、まだ点滴もコードもしたままでした。
6日にはご飯も食べて水分も摂るようになったので、
点滴もコードも取ることになりました。
子どもは自由になったのが嬉しいらしく、機嫌が徐々に良くなってくれました。
看護師を見ると直ぐに泣いていたのですが、
少し笑いかけるようになり、我儘もいうようになりました。
7日には、いつもの元気な子になり、ほっとしました。
朝から血液検査をしました。
結果次第では退院とのことでした。
お昼2時を過ぎてやっと結果が。。
最初の検査のときよりも肝臓の値が下がったし、
熱も下がり、咳、鼻水が出ていないとのことで、
退院が決まりました。
肝臓に関しては、私の遺伝だと肝臓のキャパシティが低い可能性があると言われました。
私の肝臓はちょっと嘔吐が続いただけでも値が上がるので、注意するように言われてるので、
子どものことが心配になりましたが、
ほっとしました。
夕方退院して我が家に戻った子どもは喜んで、おもちゃを一杯散らかして遊んでました。

 私はやっと我が家のベッドで眠ることが出来て、
股関節の痛みから解放されると思っていたのですが、
骨の位置が変わったらしく、激痛に悩まされ、食事を作ることもできませんでした。
でも、子どもはトイレに1人で行かせてくれないので、相変わらず抱っこしたまま。。
土曜日は夫がお昼に仕事が終わってから子どもを見てくれたので、
体を休めることができました。
今日、やっと骨の位置が元に戻って激痛から解放~~
通常の慣れた痛みで一安心です。
パソコンも触れるようになり、早速ブログしてます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

大変だったね

子育て中は、なにが起きるかわからないね・・・v-284
でも・・・びっくりしたね・・・高熱で

自分の足も自由にならないと・・・いざという時に、こまるよね
さいわい・・・お母さんがいてくれて幸いでしたね

無事に退院おめでとう・・・

よかったね・・・v-308

Re: 大変だったね

本当に何が起きるかわからないね。
驚いちゃった。
心配してくれてありがとう。
プロフィール

のぞみのくましゃん

Author:のぞみのくましゃん
左足変形性股関節症 右足大腿骨骨頭壊死 不整脈 と奮闘中! 足が不自由でも子どもを育てることが出来るよ♪
色々な情報交換が出来ると良いな~と思ってます。
よろしくね♬

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR